接続に失敗しました。 就業規則、給与・賞与計算、退職金、助成金、労働問題、株式公開、IPO、上場準備、労務監査、人材診断、CUBIC、残業代、割増賃金、有給休暇、年金、社会保険、雇用保険、労働法、労使紛争、36協定、雇用契約書、社労士・社会保険労務士へのアウトソースなら、業界最大手のアンジェロへ!

就業規則、給与・賞与計算、退職金、助成金、労働問題、株式公開、IPO、上場準備、労務監査、人材診断、CUBIC、残業代、割増賃金、有給休暇、年金、社会保険、雇用保険、労働法、労使紛争、36協定、雇用契約書、社労士・社会保険労務士へのアウトソースなら、業界最大手のアンジェロへ!

無料会員ログインはこちらから ユーザ名 パスワード
人事労務コンサルティング

就業規則作成・診断

■会社の憲法「就業規則」とは

就業規則とは、会社で働くすべての労働者(もちろんパートタイマーやアルバイト、契約社員も含みます)の様々な労働条件などについて定めたものです。例 えば、労働時間や休日、有給休暇について、解雇や懲戒、賃金や退職金、その他挙げればきりがないくらいです。

 労働基準法では「常時10人以上の労働者を使用する使用者は、就業規則を作成し、行政官庁に届けなければならない」(労働基準法第89条)としています。
 したがって、たとえパートタイマーやアルバイトだけであったとしても、常時使用する労働者の数が10人以上であるならば、会社には就業規則の作成義務が生じ、所轄の労働基準監督署に届け出る必要があるのです。
 しかし、10人未満だから作成しなくてもいいというものではありません。たしかに労働基準法上の作成・届出義務はございませんが、作成や届出が認められてい ないというわけではございません。組織発展のためには必ず「オキテ」が必要です。これがあってこそ、その決められたルールの元に従業員も気持ちよく働ける というものです。実際に我々は10人未満の会社様にも積極的に就業規則を作成するようにアドバイスをさせていただいておりますし、多くの会社様から作成し てよかったとのお声を頂いております。
 10人未満の会社様も、もちろん10人以上の会社様も、就業規則の作成やパワーアップを図ってみましょう。

■就業規則に記載する内容は何か?

就業規則の記載内容には、大きく分けて下記の3種類あります。

  1. 絶対的必要記載事項…必ず記載しなければいけない部分です。
      ・始業及び終業の時刻、休憩時間、休日並びに労働者を2組以上に分けて交代に就業させる場合においては就業時転換に関する事項
      ・賃金の決定、計算及び支払いの方法、賃金の締切り及び支払いの時期並びに昇給に関する事項
      ・退職に関する事項
  2.  
  3. 相対的必要記載事項…一定の定めがある場合に必ず記載する部分です。(要するに決めてあれば記入しなければならない部分)
      ・退職手当、賞与その他の臨時の賃金及び最低賃金額に関する事項
      ・労働者に負担させる食費、作業用品、その他の負担に関する事項
      ・安全衛生に関する事項
      ・職業訓練に関する事項
      ・災害補償及び業務外の傷病扶助に関する事項
      ・表彰及び制裁の種類及び程度に関する事項
      ・上記のほか、事業場の労働者のすべてに適用される定めをする場合においては、これに関する事項。
       (欠勤・遅刻・早退・外出などの扱い、福利厚生など)
  4.  
  5. 任意記載事項…………定めても定めなくてもよい部分です。つまり何を定めてもOKということです。
      例えば、経営理念・自動車管理規定・インターネット管理規定・服務心得…等です。

■就業規則を整備するメリット

就業規則を作成するメリットには次のようなものがあります。

  • ・会社の基本ルールが明確となり、従業員が安心して仕事に取り組める。
  • ・万が一トラブルが発生しても、就業規則をベースにして処理することが可能である。(もちろん違法はNGですが)

 「就業規則は従業員を締めつけることになるのではないか?」「経営者にとって不利な内容をわざわざ規定することもないだろう」といった考えの経営者もい らっしゃるでしょうが、会社の利益を生み出す従業員がやる気を持って仕事に取り組んでもらうためには、必ずルールが必要です。作成することにプラスはあっ てもマイナスはありません。

■株式会社 アンジェロの就業規則作成・診断サービス

株式会社 アンジェロでは就業規則の作成及び診断のサービスをおこなっております。

◎就業規則を診断したいとお考えの方 →
次の6つの側面から診断して、改善点や問題点をアドバイスさせていただきます。

経営理念面
「仏つくって魂入れず」とならないための要素であると考えます。
規律的側面
会社を守るための就業規則でなくてはなりません。規律的側面はそのための要素です。
使いやすさ
全ては「つかってなんぼ」です。使いにくくては、就業規則の存在価値自体が無意味化してしまいます。
合法性
なんといっても労働法を始めとする各法律は遵守しなければなりません。うっかり違法といっても通用しません。
法改正対応度
常に最新でなければ、法改正時点で法律から外れている規定となってしまいます。
制度化範囲
一般的に就業規則の規定範囲には作成者の偏りが見られます。他に制度化が必要な範囲はございませんか?

これらを診断させていただきます。
診断料は一律5万円(税別)となっております。
まずは、メールにてご連絡ください。

◎就業規則をこれから作ろうとお考えの方 →
株式会社 アンジェロではこれまでにオリジナル就業規則を毎年20から30ほど新規作成のお手伝いをさせていただいております。
そのメニュー内容としては下記の通りです。

料金 1,000,000円
詳細なヒヤリングを行いながら上記6つの側面を網羅し、完全な就業規則
料金 500,000円
ヒヤリングを行いながら上記6つの側面を考慮し、役所に提出しても全く問題ない程度の就業規則
料金 300,000円
ヒヤリングを行いながら、役所に提出して問題がないくらいの簡易版的な就業規則
その他 50,000円
就業規則診断料
To^

_E[h
 
RTeBO
lJAJRTeBO
AKAAERTeBO
ミA`x[VRTeBO
CUBICOC
[U
pX[h
CUBICOC
[U
pX[h
JwZOC
V{
new
繧「繝帷、セ髟キ縺ョ鬆ュ縺ョ荳ュ new
繧「繝帷、セ髟キ縺ョ鬆ュ縺ョ荳ュ